ぜっぺき解消ショート、まとまるボブ、トキオインカラミトリートメントならWATANABE YUMA.com

maisonPRESENCE 渡辺祐磨のブログ

こだわり

美容院での会話が苦手な方へ。【美容院で何話すの?】

無理して話さなくていいんです!

特に、初めて行く美容院で。何を話したら良いのかわからない。もしくは、いちいち休みの過ごし方とか職業とか聞かれるのが嫌。という方も多いかと思います。

 

そりゃそうですよね。だって

 

客のこっちが話題を探さなきゃいけないの!?」

「何で初対面のお前にプライベートを晒け出さなきゃならんのだ!?」

 

って思いません?

いやぁ、僕だったら思うなぁ。思わない方は、かなり懐の深い人だよきっと。

 

思うに、「接客=会話」っていう考えが、根付いてしまっている気もします。

本来であれば、話さないのも接客だし、話すのも接客。

要は、気遣いをするかどうかですね。

 

無理に美容師さんの会話に付き合う必要もないし、話題を探さなくても大丈夫!

「今日は静かに過ごしたいな」と思ったら、雑誌をめくるか、目を瞑るか、、

読みたい本を持っていくのも良いかもしれませんね!2時間あれば、かなり読み進められます。

基本的には、必要最低限の受け答えで十分。

美容師さんも察して、技術に集中するはずです。(稀に空気を読まない美容師さんもいるかもしれませんが、、、)

ただ、「前髪はこうしてほしい」「もっと軽くしてほしい」という要求が途中であれば、しっかり伝えましょう。

 

あ、「カットを見るのが好き」という方は、じっくりと見て大丈夫ですよ!

美容師さんから「長さどうですか?」「前髪こうしましょうか?」という確認が増えるきっかけになると思いますし、美容師さんがやりづらいということもほとんど無いと思います。

 

 

話すのが楽しい方、好きな方は

どんどん話しましょう!

日々のストレス、旦那や彼氏のグチ、仕事の悩み、自慢、楽しかった出来事、、、

全部美容院に置いてったらいいと思う!

 

美容師さんは聞き上手な人が多いと思いますし、「定期的に会っていて、ある程度状況や人となりを知っている、でも直接の人間関係は知らない」といった、稀有な存在でもあります。気の合う美容師さんとの楽しいおしゃべりで気分転換、良いですよね。

 

もちろん、美容師側から言わせてもらえれば、聞いた話を吹いて回ろうなんて全く思いませんし、話で技術に集中できない、ということもまず無いです。なので、そこは細かいことを気にせず、美容院での会話をぜひ楽しんでくださいね。

 

さらに個人的に言えば、僕自身は話を聞くの好きなので、「こないだのアレ、どうなったかなぁ」と気になるので、つい聞いてしまったりします。まぁ、僕のしょうもない話を聞いていただくこともたまに(いや、よく?)あるのですが。

 

 

髪型のこと、髪の悩みを話したい時

どうでも良い世間話は必要なくても、プロから見た髪の毛に対するアドバイスやスタイリングのやり方は知りたい。という方も多いのではないでしょうか。ぜひ話してみてください!本来であれば、こういった事こそ、美容院でするべき会話ですよね。

ぜひ、髪のクセや量の事、スタイリング、頭皮や髪の悩みなど、普段気にしている事を聞いてみましょう。

 

「美容師さんと話したいな」とお思いのお客さま(いらっしゃるかどうかは別として)にとっては一つの会話のきっかけになりますし、アドバイスや、テクニカルトーク(技術や薬剤についての話)を聞かれて嫌な美容師もいないと思います。

 

逆に美容師は、冒頭の「お仕事何されてるんですかぁ〜??⤴︎」なんて聞かなくたって、毎朝のスタイリング方法とか、希望の髪型、カラーの色味の制限、とかを聞けば、どんな仕事や生活スタイルなのかをイメージすることは可能だし、お客さまの立場に立って会話の内容をもっと考えるべきかなと。

 

、、、いや、むしろ悩みを話してくれるような気遣いを美容師がしよう!そして悩みを解決しよう!

 

少しの会話が、髪の毛、髪型をより良くするためのツールになり得るのです。

 

 

美容院は「癒される場所、居心地の良い場所」

美容院に行って気疲れした、メンドくさい会話に付き合わされた、話が続かなくてヘコむ、

というようなストレスを、決してお客さまが感じてはいけません。

 

美容院に行ったら、話さなくても良いんです!

逆に、喋れるだけ喋っても良いんです!

読みたい雑誌を片っ端から読みまくっても、なんの問題も無い!

寝ててもOK!

 

時間とお金を使って美容院に行くのはお客さまです。

そして、美容院という場所は癒しの場、リラックス、リフレッシュできる空間でなければなりません。もちろん、それをお客さまに提供するためには、美容師が最大限の心配り、気遣いをするべきです。

せっかくの美容院での時間、気持ち良く過ごしてくださいね。

 

渡辺祐磨

 

 

【あとがき】

、、、と、ここまで書いてみましたが、僕自身は果たして、すべてのお客さまに、サロンでの時間を気持ち良く過ごしていただいているのかなぁと、自省する良い機会にもなりました。

ありがたいことに、長く通ってくださっているお客さまが多く、友人たちもわざわざ足を運んでくれているなかで、

そのことに甘えず、楽しく心地よい時間を過ごしてもらえるよう背筋を伸ばしてサロンに立ちたいと思います。

日々是好日。

✂︎LINEでご相談できます✂︎


友だち追加数


-こだわり