WATANABE YUMA.com

表参道の美容室maisonPRESENCE 渡辺祐磨のブログ

カラー

【ヘアカラー】赤みが残るひと。黄色くなるひと。その③

【その①】なぜ違いがあるの?

【その②】赤みが残るひとはこちら。

 

IMG_2935

 

さて、今回は

「すぐ黄色くなっちゃう!」

「カラーの持ちが悪い!」

という方にお届けしたいと思います。

 

黄色みを活かす方法ある?

アッシュ系がキレイに染まります!

なぜなら、日本人の髪にアッシュを入れる場合、赤みを消す必要がありますが、黄色みが気になる方の場合、その必要がないからです。

さらに、アッシュ特有の透明感も出やすく、強めのブルーアッシュからナチュラルなアッシュベージュまで、表現の幅も広がりますよ!

また、ブリーチなどでハイトーン(明るめの髪色)にしたい方や、ビビットなカラーをしたい方も、メラニンの量が少ない分、色が出しやすいと思います。

 

とにかく黄色みを抑えたい。

これは多くいただくご相談の一つです。

「どんな色を入れても結局黄色になっちゃう!」ってヤツですね。

そこで、黄色を一番抑えられる色をご提案します。それは

「紫」。

いわゆる、黄色の反対の色(補色)を入れるワケです。

 

暖色が好きな方はピンクよりのパープルを。

寒色が好きな方は青みがかったバイオレットを。

さらに好みに合わせてブラウンやベージュを足したり、グレーでくすませたりするとお洒落に似合わせられますよ。

 

「む、紫!?え、、、紫すか!?ちょっ、、、なんかなぁ〜、、、おばあちゃんみたくなるのヤダな〜。」

 

なんて思わず、美容師さんに色見本を見せてもらいながら相談してみてください。

きっと気になる黄色みも抑えられますし、何回か繰り返すと、染めてから時間が経っても気にならなくなりますよ!

 

注意点

先ほど、ブリーチなどで明るくなりやすいことをお伝えしましたが、これは一つの問題点でもあります。

「すぐに黄色くなる」というのは「明るくなりすぎている」と同義なのです。

 

IMG_4530

 

少し専門的な話をさせていただきますが、ヘアカラーをする時に過酸化水素水を混ぜて使います。地毛の部分などを明るくする際にはこれの6%を、トーンダウンなど明るくする必要のない時には3%以下、つまり弱いものを使います。

これは個人的な意見ですが、黄色くなってしまう髪質の方の場合、6%では強すぎると僕は考えています。ただでさえ少ないメラニンを分解しすぎてしまうんですね。

結果的に黄色みが強く出すぎたり、時間が経って色が抜けた時に、必要以上に明るく感じてしまいます。ですので、3〜4.5%、つまり弱い薬剤で染めることで、それを防ぐことができるのです。

 

髪質自体も痛みやすかったり、細め、柔らかめ場合も多いので、使う薬剤のチカラを調整することで、黄色くなりにくくなるのと同時に、髪の毛そのもののダメージを軽減することにもつながると考えています。

 

黄色みが気になる人のためのまとめ。

・アッシュが綺麗に出やすく、出来る色味の幅も広い。

・紫を効果的に使うことで黄色みを抑えられる。

・明るくしすぎないことでカラーの持ちを良くする。

 

ずっと「黄色」に悩まれている方も多いかもしれませんが、様々な色味を綺麗に出しやすく、柔らかさや透明感を感じられる良い髪色だと僕は思います!ぜひご相談くださいね!

 

渡辺祐磨

 

✂︎LINEでご相談できます✂︎


友だち追加数


-カラー