WATANABE YUMA.com

表参道の美容室maisonPRESENCE 渡辺祐磨のブログ

日常

【帝王と行く】十和田の居酒屋「呑兵衛」で爆発必死の海鮮祭り。【青森編②】

さて、舞台は夜の街へと移ろうのでありますが、話を持ちかけたのは「青森南部の本当にいい店を知り尽くした男」「祭狂い」など多くの異名を持つ、幼馴染のニトベくん。

 

503B2DDD-BAB5-47C5-AED8-A49A6F6814BC

【”六戸町の海老蔵”とも】

 

焼き鳥屋をはさんで二軒目に行った「呑兵衛」。リーズナブルに豊富な種類のご当地料理を食べられ、そして美味いのです。

 

5CF8E231-4A63-4805-B377-3C1AD5EB4999

【郷土料理の貝焼き】

 

FD25F0CE-894C-4577-839C-7DE4A95577FD

【珍しい魚の刺身3種盛り600円(←!)】

 

こちらは手前からオニオコゼ、生サバ、金目鯛というクセ者揃いかつ豪華なラインナップですが、中でもピカイチだったのが生サバで、ホント美味しかったんですよ。オニオコゼも多分初めて刺身で食べたけど、身が締まってて良い。

 

 

そんで、ニトベが「これは食っとけ」とオーダーしたのがこの

 

EE86CD2F-AB02-42FF-96CA-98983A4C5658

 

カメノテ。(クリックで画像)

生はエグいですね。珍味として重宝されてるらしく、東京の居酒屋ではまず見ないこのシロモノは、

 

F09F1B88-0F45-44A2-8D8A-9DA369DE1078

 

こうして身を取り出して食べるんだけど、何よりも美味かったのは煮汁。

出汁ハンパないって。旨味めっちゃ出てるもん。そんなに出えへんやん普通。

 

 

 

 

さらにさらに、ニトベが「最近ハマっている」という、

 

 

 

 

 

35C2966C-C619-4FC5-9B79-5349AEA11195

 

はい出ましたラスボス、ホヤ

もう、こればっかりは人生を送る上で避け続けてきました。だって、クセえもん。(ドラえもんみたいな言い方しちゃったけど)

ただ、幼馴染に勧められて断るようじゃ青森県民として恥ですから?ええ。食べましたよ。

アレですね。クセえとかじゃなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大クセだじゃこれだばまんず。

(大クセだよねこれはホントに。)

 

 

口の中が全てホヤになります。ホヤこそすべて。All need is HOYAです。

噛んだ瞬間、爆発的に広がる、クセ、クセ、クセ。

クセの爆弾ですね。海食ってるみてえ。

 

聞いたところによると、ホヤには「プラス」と呼ばれる入水菅と、「マイナス」と呼ばれる出水菅があるそうで、さばく時に先に「マイナス」を間違って切り落としてしまうと排泄物が広がってしまい、食べるに食べられなくなるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆弾処理かよ。

※どうやら、ホヤ好きには当たり前の知識のようでした

 

若干のホヤ臭と酔いを抱えながら、無事に三軒ハシゴして、”三番街の帝王”ことニトベくんとの飲み歩きはおひらきとなったのでした。

ニトベありがとね!

次回は垂涎もモノのご当地グルメを紹介します。青森編③に続く。

 

渡辺祐磨

✂︎LINEでご相談できます✂︎


友だち追加数


-日常