ぜっぺき解消ショート、まとまるボブ、トキオインカラミトリートメントならWATANABE YUMA.com

maisonPRESENCE 渡辺祐磨のブログ

日常

【UMA的酒場探訪】天国は多摩川「たぬきや」にありけり。

僕には趣味が無い。

本をパラパラとめくったり、カメラをいじったりすることはあるが、「趣味は何ですか?」と聞かれれば、明確な答えを言えないのが事実である。

 
とはいえ。

 
時間があったらやることが1つだけ。少しのお酒を飲むことである。

 
わざわざこんな記事を書こうと思ったのは他でもない。僕は天国の扉を叩いたのだ。いや、厳密に言えば、そこに扉は無いのだけれど。

 

 

 

IMG_4517

 

休日の昼下がり、天気予報では最高気温30℃。梅雨の最中でありながら、真夏日である。

 

酒飲みから「天国は多摩川にあり」といわれる酒場「たぬきや」。

オープンエアー、リバーフロント、横文字を並べてみれば何とも響きが良いが、詰まるところ川っぺりで外飲み出来る店だ。

 

 

とりあえず、生ビールを飲む。

 

IMG_4519

 

 

 

 

 
2秒後。

 

 

 

 

IMG_4520
もはや景色がツマミになるレベル。
何故こんなにも美味いのか、火照った僕の脳みそでは理解が追いつかない。

 

目の前には緩やかに流れる多摩川。風に揺れる水辺の雑草。左を見れば鉄橋を京王線が走り、空はただただ広がるばかりである。

 

 

 

 

 

 

解脱。

 

 

 

 

 
細かな感情や悩みはすべて抜けるように無くなり、あるのはビールとモツ煮込みと自分だけ。ただそれだけなのだ。

 

 

 

そうそう、60分ほど前に博多ラーメンを食べたので、ツマミはモツ煮込みのみだったのだか、これが味、ボリューム共に素晴らしい。

IMG_4521

鬼に金棒、ビールにモツ煮である。

 

 

そんなこんなでパラパラと本をめくり、この文章を書き、少しのビールを飲んでいたら、徐々に日が傾いてきた。ほろ酔いの頬に風が気持ち良い。

 

 

 

もう少しだけ季節が過ぎ、真夏の夕暮れを過ごすのもきっと良いだろう。秋が来て、涼しくなったねとおでんを食べるのも良いだろう。冬にキンキンのビールを飲むのは修行に近いのでオススメはしない。

 

 

 
「天国ではみんなが海の話をするんだぜ。」とは僕の好きな映画のセリフだが、今いるのは川である。

 

 

しかしながらそこは、ろくでもなく無意味で有意義な天国だった。

 

 

 

IMG_4522

 

渡辺祐磨

✂︎LINEでご相談できます✂︎


友だち追加数


-日常